薬の専門家として働く!登録販売者のお仕事まとめ » 登録販売者とは(仕事内容・なり方・今後など) » 登録販売者が活躍できる職場の種類と仕事内容

登録販売者が活躍できる職場の種類と仕事内容

ここでは、登録販売者が活躍できる職場の主な種類を挙げ、それぞれにおける仕事内容の特徴についてまとめました。

ドラッグストア

ドラッグストアの登録販売者のお仕事

ドラッグストアでの登録販売者は、お客さんからの医薬品の相談への対応、および販売業務が中心です。医薬品だけではなく、介護用品やベビー用品など、店内で扱うすべての商品に対応できる人材が理想的です。レジ業務、品出業務、商品管理等、基本的には店舗のすべての業務に携わると考えてください。

ドラッグストアの特徴

やるべき仕事は多岐に渡りますが、その大半が医薬品や化粧品等、専門領域の範囲内なのではたらきやすいでしょう。正社員として労務管理等も身に付ければ店長職、エリア長職を目指すことも可能です(ウエルシア薬局など)。

コンビニ

コンビニの登録販売者のお仕事

コンビニの登録販売者の主な仕事は2種類。「医薬品関連」と「通常のコンビニ業務」です。

お客さんからの医薬品の相談に対し、有資格者としての専門的な立場からさまざまな助言を行います。また、お客さんのニーズや季節的要因等に鑑み、お客さんが目的の医薬品を手に取りやすい位置に陳列するなど、最適な売り場作りを考えるのも登録販売者の仕事です。

レジ業務、接客、商品品出し、清掃、宅配便受付、公共料金の支払い受付、チケットの販売等、通常のコンビニ業務も行います。

コンビニの特徴

お客さんのニーズの点から、医薬品の相談よりも、通常のコンビニ業務のほうが多くなる傾向があります。接客が好きな人には向いた職場でしょう。

量販店

量販店の登録販売者のお仕事

量販店での登録販売者は、コンビニとは違い、基本的には医薬品の相談・販売に特化して仕事をすることができます。

業務の中心は、医薬品を求めるお客さんに対する相談対応、および専用レジにおける販売業務。医薬品の品出しや発注なども業務の範囲です。

なお、量販店にもよりますが、他の売り場の繁忙期には助っ人として他の売り場へ動員されることもあります。

量販店の特徴

基本的には医薬品の販売に特化して仕事ができるので、仕事を通じて、医薬品販売に対する専門性を高めていくことができるでしょう。

スーパー

スーパーの登録販売者のお仕事

スーパーにおける登録販売者の仕事は、量販店におけるそれと同様と考えてください。スーパーの一角にある医薬品販売コーナーで、お客さんからの相談、および販売に対応します。医薬品の品出しや発注も行ないます。医薬品以外にも、化粧品や介護商品等の販売に対応することも少なくありません。

スーパーの特徴

スーパーの医薬品コーナーに来るお客さんは、常連客になる可能性が大です。どのお客さんがどんな薬を求めているかを徐々に分かるようになってくるため、はたらけばはたらくほど仕事がスムーズになっていくでしょう。

免税店

免税店の登録販売者のお仕事

免税店での登録販売者の仕事は、医薬品を始めサプリメントの相談・販売等、一般的なドラッグストアと近い業務を行うことになります。ただし、通常のドラッグストアと大きく異なる点が、お客さんの大半が外国人であるということ。採用にあたっては外国語の能力も問われる可能性があります。

免税店の特徴

外国語が堪能な登録販売者には、専門能力を2つ同時に発揮できる職場なので、仕事のやりがいがあるでしょう。他の職場の登録販売者よりも給与が高めになる可能性があります。

調剤薬局

調剤薬局の登録販売者のお仕事

調剤薬局では薬剤師しか募集していないイメージがありますが、実際には登録販売者も多数募集しています。仕事内容は、薬局内での接客や、売り場作りが中心。労務管理等、従業員の各種管理業務を行うこともあります。

調剤薬局の特徴

コンビニ等とは異なり、医薬品に関連する業務に特化しており、かつ薬剤師が身近に常駐しているため、短期で専門能力を身に付けたい方には特に向いている職場と言えるでしょう。正社員に採用されて労務管理等も身に付ければ、店長職を目指すことができる調剤薬局もあります(ココカラファインなど)。

医薬品の通信販売・営業

募集は少なめですが、医薬品の通信販売業者が登録販売者を募集することもあります。地理的な制約を受けない通販という性質上、競合他社との競争は必至。営業ノウハウも身に付けていく必要があるでしょう。

独立・個人事業

独立・個人事業の登録販売者のお仕事

登録販売者の有資格者とは、厚生労働省から第2類・第3類医薬品の販売を許可された人たち。よって、営業的な自信がある方や販売ネットワークのある方ならば、独立開業をすることも可能です。自身の店舗を持たずとも、スポーツジムやエステなどの一角を借りて営業をしている有資格者もいるようです。通販サイトを立ち上げることも可能でしょう。

独立・個人事業の特徴

営業力に自信があるならば、独立開業にチャレンジしてみても良いでしょう。はたらいた分だけ自分の実入りになるので、とてもやりがいのある業態です。薬剤師を採用すれば、調剤薬局を開業することも可能。

登録販売者が活躍できる場所は、従来のドラッグストアや薬局だけでなく、コンビニやスーパーにも広がっています。
スタイル別に2つの働き方をご提案!

詳細はこちら