薬の専門家として働く!登録販売者のお仕事まとめ » 登録販売者とは(仕事内容・なり方・今後など) » 登録販売者が転職する時の手続き方法

登録販売者が転職する時の手続き方法

登録販売者の試験に合格し、実務経験が2年以上ある人は、販売従事登録の申請を行えば、すぐにでも登録販売者として活動することができます。

試験に合格するために勉強し、働いていなかった人は、そのまま就職したり、開業したりすることができますが、働きながら勉強をし、登録販売者として転職する人や独立する場合は、現在の勤務先に迷惑をかけないようにしなければなりません。

そこでこのページでは、転職の手続きなど登録販売者として新たな一歩を踏み出すための上手な転職方法を紹介してきます。

登録販売者が転職するための大まかな流れ

転職先を探す

転職するためには、まず新しく働く職場を探さなければなりません。転職の難易度や、応募しやすい時期の有無などを判断し、在職しながら転職活動を進めるのか、それとも先に退社して求職活動に専念するのかを決めましょう。前者の場合は、昇格の辞退や面接のための有給確保などが必要。一方、後者の場合は、失業時に備えて経済的な準備をしなければなりません。

退職の意思表示をする

労働基準法上では、退職届などで意思を示してから最短だと2週間で退職することができるとされていますが、実務の引き継ぎなどを無理なく進めることを考えると、1~3ヶ月前に意思を伝えるのがおすすめです。報告は、直属の上司に行いましょう。従業員数が少ない会社や小さな店舗の場合は、直接、社長に報告しても構いません。ただし、勤務中ではなく、休憩時間や勤務後にするのがマナーです。

あやふやな気持ちのまま、伝えると引き留めの余地があるのではないかと勘違いされて、事態がこじれる可能性があるため、事前に前向きで明確な退職理由と決意をしっかりと伝えるようにしましょう。また、社員の去就は、機密事項なので、先輩社員や同僚には明かさないこと。就業規則なども確認し、職場への負担が最小限となるタイミングで報告するようにしましょう。

退職日の設定と退職届の提出

上司などと相談しながら、退職日を決め、退職届は正式に退職が決まってから提出。通常、退職日の2週間前までに手渡しするようにしましょう。あなたが転職するための退職なので、ほとんどないとは思いますが、会社都合の退職の場合に退職届を出してしまうと、自己都合扱いにされて、失業保険の受け取りに時間がかかったり、給付額が少なくなってしまうことがあるので注意しましょう。

退職当日

退職にあたって、会社に返却するもの及び会社から受け取るものがあります。主なものは次の通りです。

会社に返却するもの

会社から受け取るもの

また、退職後にどのようなかたちでかかわることがあるか分からないので、社内や社外のお世話になった人には、挨拶状を送るようにしましょう。メール、はがきのどちらでも構いません。

保険・年金・税金の手続き

住民税の手続き

住民税は、特別徴収という給料から天引きされる方法で納めています。ですので、退職する際に、最後の給料から残りの分を一括で支払うか、分割して残りを自分で支払うかを選ばなくてはなりません。ただし、1ヶ月以内に次の職場で働ける場合は、そのまま新しい会社で天引きしてもらうことができます。

退職後の手続き

退職後、すぐに働き始める場合と期間を空けてから働く場合に分けて、紹介します。

退職した翌日に入社する場合

退職から期間を空けて入社する場合

主要都市での登録販売者の手続き方法

東京都

必要な書類

交付方法

問い合わせ先

登録販売者の転職でよくある質問

早速登録販売者の転職先を検討してみる

登録販売者が活躍できる場所は、従来のドラッグストアや薬局だけでなく、コンビニやスーパーにも広がっています。
スタイル別に2つの働き方をご提案!

詳細はこちら