薬の専門家として働く!登録販売者のお仕事まとめ » 登録販売者とは(仕事内容・なり方・今後など) » 登録販売者の転職でおすすめの職場は?

登録販売者の転職でおすすめの職場は?

登録販売者の資格やキャリアを生かして有利に転職できる仕事や情報について、まとめてみました。

ドラックストアから製薬会社の営業職に転職

登録販売者としてドラッグストアで働いた経験のある人は、医薬品の一般知識を持っていることから製薬会社への転職の際は有利だといわれています。通常は製薬会社に入社してから学ばなければならないことがたくさんありますが、登録販売者にはすでに専門的な知識があり、その製薬会社で取り扱っている製品の説明や医薬品の主な働きも理解しているので即戦力として大いに役立つためです。

コンビニエンスストアのアルバイトから介護施設の正社員への転職

コンビニエンスストアは、365日24時間型の店舗がほとんどなので、生活のリズムが崩れやすく、またアルバイトでは社会保険加入なども不完全なところが多く将来への不安があります。しかし、お薬についての知識が豊富な登録販売者なら転職も有利であるだけでなく、ケアマネージャーを目指すにも医療や医薬品の知識が求められるため、試験内容には重複する所が多く資格取得にとても有利になります。

24時間営業のコンビニエンスストアから美容部員に転職

24時間営業のコンビニエンスストア勤務で長時間勤務や休日出勤が慢性化。そんな登録販売者の方も多いのではないでしょうか。百貨店の化粧品売場でお馴染みの実用部員さんが活躍できる場所は、じつは、大型スーパーやドラッグストアなど、登録販売者と同じ場所もあります。しかも美容部員になるために専門学校などに行かなくても店舗研修や本社研修などで学ぶことができます。なかには皮膚に関する勉強もありますが、登録販売者として学んだ知識がスキンケアに活かせることは言うまでもありません。勤務時間も店舗の開業時間に合わせているので長時間勤務もありません。

小規模ドラッグストアから大手チェーンへの転職

大手のチェーン店のほうが福利厚生や給与面で待遇が良いのはわかっていても、お子様の通学や介護など、さまざまな事情で自宅から遠い地域への転勤を避けるために地域の小規模なドラッグストアで正社員として働いているという方もいらっしゃると思いますが、最近では大手のチェーン店の中にもエリアを限定して採用を行っているところが増えてきています。

大手ドラッグストアから小さめのドラッグストアに転職

登録販売者の資格を活かして薬の仕事をメインにしたいと思っていても、大手のドラッグストアでは大型の店舗も多く、店も広いところがほとんどです。そのため商品のアイテムも多くなりがち。例えば、食品の納品日には勤務時間の半分以上が商品を納品に費やされたり、重たい飲料やお酒のケースを持ち上げたりすることが多くなります。その為常に体に負担がかかり腰痛や慢性疲労に悩まされるという方もいます。こうした場合には、このまま体を酷使して働き続けて体を痛めてしまう前に、自分のペースで働ける小さなドラッグストアや薬局などへの転職がおすすめです。比較的安易に転職できるのも登録販売者資格の有利なところです。

離れた店舗から自宅近くへの転職

登録販売者として働き始めた頃には、自宅から離れた店舗にしか求人が無いということもあると思います。また、結婚などで引っ越したために通勤に時間がかかるようになってしまったという方も。しかし、コンビニエンスストアやドラッグストアの出店は全国で増え続け、最近では家電量販店やスーパーマーケットでも医薬品を扱うところが増えていることから登録販売者の求人も増え続けています。もし状況変化で通勤に時間がかかるなどする場合は、転職も考えてみましょう。

登録販売者が活躍できる場所は、従来のドラッグストアや薬局だけでなく、コンビニやスーパーにも広がっています。
スタイル別に2つの働き方をご提案!

詳細はこちら