薬の専門家として働く!登録販売者のお仕事まとめ » 登録販売者とは(仕事内容・なり方・今後など) » 登録販売者の仕事を辞めたいと思う時とは

登録販売者の仕事を辞めたいと思う時とは

適切な知識をもって、薬品の専門家としてお客さまのニーズに応えなければならない登録販売者。

役割が重要であることのプレッシャーから「辞めたい」と考える方も少なからずいるようですが、職場における対人関係や資格が活かせないといった悩みも多くあるようです。

登録販売者の方が今の職場を辞めたいと考える理由は?

職場の人間関係

どこの職場でも必ず起こりうる、人間関係の問題。どんなに職場環境や待遇が良くても、辞めたいと感じてしまうほどの対人関係に悩まされるのであれば、無理をせずに新しい職場を探したほうがよいかもしれません。

特に職場の人間関係に疲れてしまう方の特徴は、自分1人で頑張ってしまうタイプの方。あまり真剣に思いつめずに、身近な人に相談したり、人事部に異動願いを申請してみるのもひとつの方法です。

登録販売者資格を活かせる職場は薬局に限らずとも多くあるため、せっかく取得した資格を活かせる最善の策を考えてみましょう。

接客業を甘く見ていたケース

医薬品の知識を分かっていればなんとかなるであろうと考えていた方にとって、一般のお客様に医薬品の説明をすることが困難であることは想像もつかなかいことかもしれません。

さらに、医薬品を求めるお客様は、多種多様な悩みや症状を訴えている方々です。クレームにも発展しやすく、叱られた経験で対人恐怖症になってしまったというケースも。

どんな仕事であれ、楽な仕事はありません。登録販売者という資格を持っている分、自分はお客様にとって特別な存在であるということを予め理解しておく必要があります。

理想と現実のギャップ

登録販売者の仕事というと、お客様のニーズに合った医薬品をおすすめする「薬品のスペシャリスト」というイメージを持つ方が多くいらっしゃいます。

しかし、もちろん仕事はそれだけでなく、時には重い商品を運んだり、レジ打ち、バックヤードでの商品管理などのタスクをこなさなければなりません。

また、ドラッグストアでは医薬品以外にも化粧品や日用品、食品も扱っているところが多いのが実情。

薬品の販売という理想の仕事に携われる機会が少なく、不満を感じて辞めたいと思う方が多いようです。

雇用条件に不満がある

大手ドラッグストアなどのほとんどは年中無休の場合が多く、思うように休みが取れないことから辞めたいと考える原因のひとつになっているケースもあります。

さらに、雇用形態が社員であったとしても、パートやアルバイトにも資格手当がつくため、時給換算すると社員とパートの差がないということも。こうした収入への不満も多く見られるようです。

登録販売者の仕事に向いていなかったという思い込みも

どんなに憧れた職業であっても、実際に仕事をはじめてみると「思い描いていたものと違う…」といったギャップに悩む人は少なからず居るものです。

登録販売者の場合であっても、「覚えることが多すぎてつらい」「医薬品を扱うという責任ある仕事に自信を無くした」など、プレッシャーに耐えられなくなるということも考えられます。

しかし、新人時代は、あらゆる失敗を繰り返しながら経験を積んで一人前になっていくものです。

この仕事は向いていない、と思い込みで決めつけてしまう前に、より自分にとって働きやすい登録販売者の資格が活かせる環境へと転職することもひとつの手です。

登録販売者を辞めたいと思ったら

ここまで見てきた「辞めたい理由」が自分にもあてはまる方にとってみれば、登録販売者という仕事自体が合わないのでは、と思ってしまいがちです。

しかし、だからといって簡単に登録販売者から異業種へ転職を考えるのは、早急であるといえます。

登録販売者の資格を取得するまでの努力を考えれば、いま持っている資格をさらに活かせる職場へと転職を考えてみてはいかがでしょう。

例えば、社員登用された薬局でのハードなシフトが合わないと感じるのであれば、コンビニエンスストアなどで自分のライフスタイルに合わせて働くのもひとつの選択です。

やりがいや責任を伴う登録販売者の仕事だからこそ、職場を変えることで自分の働きやすい環境を探すことが先決です。

登録販売者が活躍できる場所は、従来のドラッグストアや薬局だけでなく、コンビニやスーパーにも広がっています。
スタイル別に2つの働き方をご提案!

詳細はこちら